片側顔面痙攣[04] 手術2回目

ということで2回目です。 1回目の手術から10日後の手術となりました。 せっかく辛い思いして1度手術を受けたんだから、治る可能性があるかもしれないならもう一度手術してもらっておこうって言われた・ω・` 正直、もう術後の辛いのは経験したくなかったんだけど。

手術前検査

再度造影剤検査をしました。 今回はカテーテルではなく、腕に注射で造影剤を入れるCTで、カテーテルを入れる時は頭が熱くなったけれど、今回は全身がぐわーーっと熱くなる検査でした。 正直、造影剤検査もう嫌だorz 1度目はどんなものかわからないから、ひたすら我慢できるんだけど、2度目はどんなものかわかってるから憂鬱感が半端ないΣ>△<。

手術前説明

さて、造影剤検査の結果ですが、通常原因となる血管の圧迫が見られるところ(1度目に手術した部分)よりも奥の方に、小さな血管があり、もしかするとそこが原因となっているかもしれないとのこと。 前の手術の時も、うすうすは気づいていたけれど、1度目の手術中、顔に針の様なものを指して痙攣の信号があるかを確かめながら手術をしていて、痙攣がしっかり収まったことが確認できたので、危険なその部分には触れずに1度目は終了しました。 ということでした・ω・`なんてこった。 つまり、2つの血管が原因になっていた可能性があって、1回目に1つ目は治療したという感じ。 また、治らない可能性として、神経と血管の間に入れたクッションがずれてしまった可能性。 画像を見る限りずれているようには見えないけれど・・・とのことで。

あと、先生が担当した患者さんの中で、過去に一人だけ原因となる血管がなく、治療が出来なかった人がいたということでした。

その人と同じ可能性もあるものの、怪しい血管が一つあるので、それを再手術で治療してみる。 つまり、必ず治るとも限らない上、1回目の手術よりも奥の方になるため、リスクも高まるということでした。

せっかく辛い思いして1度手術を受けたんだから、治る可能性があるかもしれないならもう一度手術してもらっておこうって言われた・ω・` 正直、もう術後の辛いのは経験したくなかったんだけど。(大事なことなので2度ry)

術後の低随圧が一番きつく辛かったんですが、手術中、髄液を少し抜いて、手術の器具が入りやすくするために隙間を作らないと、リスクも高まるから抜いておいたほうがいいんです・ω・´+みたいな説明をうけました・・・。 器具を入れる隙間が狭くてリスク高くなるくらいなら我慢するしかないよね><。

2度目の手術までは10日間です。 1度目から2度目まで期間があくと(1ヶ月とか)1度目の手術で入れたクッションが癒着してしまい、それよりも奥の手術となるため、さらにリスクも高まるので、出来るだけ早く手術をできるようにと手術室はなんとか押さえましたと・・・。

結局その場で2度目の手術を受けることにしました。

手術2回目

今回の手術は前々から予定していた手術ではなく、急遽入ったためか、手術室の入り口からかなりかなり奥の手術室でしたw こんなにいっぱい手術室があったんだなーなんてw

今回は麻酔科の先生が点滴するよりも前に麻酔でさっさと眠りました。 後から聞いた話だけど、やっぱり点滴失敗してしまったみたいで。

ちなみに2回目の造影剤検査の前の点滴でも失敗されてて、1回目の手術後にも詰まったりして刺し直ししたりしてるんで、もはや左手は穴だらけですorz 手術で一番点滴が辛かったかもしれない;ω;`

一回手術して頭蓋骨穴開いてるし、手術時間もっと短くなるんじゃないかなんて考えてましたが、今回は1回目より1時間長く、6時間かかりました。

術後1日目(手術当日)

術後目覚めた時、1度目と同じく意識は朦朧としていたものの、頭痛がひどいことと、吐き気がひどいことでパニック状態でした。 痛い痛い、寒いーと声を出しながら、吐きましたorz もう本当にパニックで、頭がものすごく痛くて、でも吐くために看護師さんに首をぐっと横向けられて、それがまたたまらなく痛くて、なんてことしてくれるんだ!!!!!なんて思ったり。 ICUが一杯だったからなのか、個室のICUではなく、今回は脳神経外科の重症患者さんが入る大部屋でした。 そのため、他の患者さんがいるから静かにと言われ・・・でも辛くって、懸命にごめんなさいと謝ってた記憶があります。

そっから意識が遠のいたり目覚めたり・・・。 点滴が刺さってる左腕がものすごく痛くて、身体も暖まって電気毛布が熱くなってきて、看護師さんに助けを求めようと思って看護師さんを呼ぼうと声を出すものの、上手く声が出なくって・・・。 泣きそうになってました・・・。というか半分泣いてた。 そんなこんなでなんとか朝まで・・・。 手術をした頭の左側が痛いので、少し右向きになれるように左の背中にクッションを入れてもらって、痛いのを耐えつつ(痛み止め入れてもらってるんだけどね・・・。)でした。

術後2日目

1回目と同様に朝起きてから、レントゲンとCTを撮りました。 まぁ・・・なんというか・・・これが痛い痛い。 まずベッドで運んでもらうんですが、ベッドが揺れると痛いし、レントゲンのために頭を上向けてくださいって言われるけど痛くてきつい・・・。 CTも移動させられるんだけど痛くていたくて・・・。 私は微動だにせずにまわりの看護師さんとかが一生懸命やってくれるんだけど本当にやめてくれ状態で。

1度目はものすごく喉が渇いてたんだけど、2度目はそんなに喉がかわいていなくって、飲み物はほぼ飲んでませんでした。 が、飲み物を飲もうと少しお茶を口に含むと、喉が完全に詰まってしまっているような感覚で全然飲み込めない。

そしてちょっぴり喉の痛みと半端ない吐き気。 この日もお茶を飲んでは吐きましたorz

当然食べ物なんて食べることは出来ず、ひたすら痛みに耐えてました。

喉が詰まったように感じるのは、少しは呼吸のために麻酔科の先生が入れた管が原因になっているようですが・・・。 手術中喉の神経を触らざるを得ない状況だったたのが原因だそうです。

感覚としては、喉の奥に何か固まりみたいなものが乗っかっていて、飲み込もうとごくっと動かすものの飲み込むことができず・・・という感じ。 とりあえずなんとかお願いして病棟に戻してもらいました。

この時の天敵は”音”でした。 まわりでなる音という音が、痛い頭にさらに響いて・・・うぎゃーーー!!!みたいな?w

顔の痙攣は収まってるような感じ。

術後2〜3日目

病棟に戻してもらってから2日間くらいはもう微動だにせず、頭上向きで身体も動かさずひたすら痛みに耐えてました。 看護師さんになんとか服は着替えさせてもらったりしたものの、歯磨きももうほんとうに無理orz ご飯も当然食べることができなくて、身体を起こすのも無理で・・・。

見舞いに来てもらってもひたすら音を立てないで!!!と目くじらをたてて。

痛みとしては、左の頭の上の方が、脈拍と同時に手でぐっぐっと押さえつけられているような痛みと、剣山のような針のさきっぽでつんつんとつつかれているような。 傷口周辺がずきずきと痛む感じ。 そして頭の右っかわの方が、雑誌の様な辞書のようなものをぼすっぼすっと頭の上に落とされているような・・・。

ふふ・・・これ痛いの耐えてる時にどんなたとえかとか考えたりしてたんだ・・・w

とにかくひたすら痛くて、少しでも動くと強烈に痛かった・・・。

術後4日目

このあたりからちょっぴり身体を動かせるようになってきて、携帯電話を触る余裕ができてきました。 相変わらず身体を起こすのは無理なんだけど、手を結構自由に動かせるようになってきた感じ。 あと、ひたすら痛みに耐えてたけれど、痛み止めをもらってなんとか我慢できるような痛みに収まってきたからかな・・・。 といってもまだまだ耐えるしかない・・・といった痛みで。 痛み止めなんて効いているのか効いてないのかいまいちわからなかった。

点滴で痛み止めを入れてもらったときに、点滴を入れているところがものすごく痛くなることがあって。 動けるようになってきて、ふと左手(点滴は手の甲から入ってる)みてみると、手がパンパンに腫れてましたorz なんてこった・・・痛い・・・手も痛いΣ;ω;`がおー!!!!

押さえるとめちゃめちゃ痛いです。 看護師さんに痛いー腫れてるーって言うんだけど、点滴を下ろすと血はちゃんと戻って来てるので血管にちゃんと入ってると思うんだけどーなんて言われたりして。 刺しなおす?って聞かれるものの、この刺し直しがまた痛いので夜まで我慢してました・・・。

が、夜にもう我慢できなくなって、結局刺し直してもらうことに。

左手はもはや手がぱんぱんに腫れてるし、穴だらけだしで刺すところないので右手の甲に刺すことになりました。 ひとまず左手は安静に・・・orz

ご飯はほんのちょびっと食べれるようになってきました。ちょびっとだけ。

術後5日目

579134243843 なんと朝起きたら右手の点滴のところもちょっぴりつきつき痛くなってきました。 そして・・・また腫れてきたorz もう点滴嫌だ;ω;`

このあたりからもう感情がいろいろ抑えられなくなってて、世話しに来てくれる母に当たり散らしたり泣いたりしてました;ω;`

お昼ご飯の時に、看護師さんにもう点滴いやだーいやだーってお願いして、ご飯半分れるようになったら外してもらえるよう先生に頼んでくれる!って約束したので必死にご飯食べました。 つらいorz 看護師さんがいない間に母にちょっと食べてもらって(ぁ)どうにか半分食べて、点滴外してもらいました。

喉が詰まっているような感覚はだんだんと収まってきて、吐き気もこのあたりではずいぶんマシになりました。 頭痛は相変わらずで、痛くて動けなくなる時間もあったり、ちょっとマシで我慢できるぐらいになたりを繰り返している感じ。

ベッドを起こして座れるようにはなってきました。

術後6日目

なんか点滴をはずすと気持ちが軽くなったのか、この日あたりから頭痛もマシになる時間が長くなってきて、ちょくちょく座れるようになってきました!わーい! 尿の管も抜いてもらって、支えてもらいつつもなんとかトイレに行けるようになりました。 ベッドからトイレまでの距離約2メートル・・・これがすごく長かったorz

そして調子にのって座って話してたら40分ぐらいたった頃に、バッドで殴られるような痛みが襲ってきましたorz 脈拍に合わせて頭をがつーん!がつーん!!!と殴られるような感じでぷちパニック!!! 看護師さんがかけつけてくれてなんとか横になって我慢・・・我慢>△<

やっぱり点滴刺しておいた方が痛み止めもすぐ入れれるしいいんじゃない?なんて言われたものの、それには断固拒否しました・ω・´+

術後7〜8日目

ずいぶん動けるようになってきたし、ご飯も食べられるようになってきました。 ただ、薬の効いていない時間は結局音が頭にガツガツ響くような痛みに悩まされ、ひたすら我慢する時間もありました。

まぁなんというか・・・我慢する日々が続いてます。

1度目の手術とは違い、ゲームをする余裕も本を読む余裕もなく・・・(心の

ただひたすらに我慢。

この頃ちょっぴりふと顔の痙攣を感じたり、片耳に違和感を感じたりするように。 耳の音の違和感は今まで頭痛がひどすぎてそれどころじゃなかったわけなんだけど。 痙攣はほんとうにふっとひきつりを感じる瞬間があるという程度で、あとは若干の違和感(多分ずっと顔がひきつってたのがなくなったことによる違和感なのかも)があるというぐらいでした。

術後9〜10目

1度目と全く同じところを手術しているので抜糸までの時間は結構おきました。 そういえば、1度目のICUで包帯を巻くか巻かないかみたいな話になったけど、結局包帯は巻いてません。2回とも。 ぷるぷるのシートをとってもらった後はガーゼのみです。 そして2日に渡って半分ずつ抜糸。ばっこんっていうらしいけど漢字がわからないしでてこないww

抜いた瞬間に髄液がちょっぴり漏れてきましたが、特に問題はありませんでした。すぐに止まったし。 写真上手くとれなかったけど、ちょっと傷口がホッチキスの穴だらけで汚くみえますorz

相変わらず頭痛はしたけどこのぐらいになると結構マシ。全く痛くならないってことはないけれど、本当にマシになりました。 とりあえず手術前にどうしても食べたくてお願いしていたポテチ食べましたw

そういえば左側の頭が痛くてずっと右側を下にして寝っぱなしだったので顔の右側がぷっくり腫れましたwww なんてこった。片側を下にしてずっと寝てたらこんなことになるのかww 痛みとかはなくてただむくんでるだけみたい。

抜糸さえしてしまえばお風呂に入れるということで、術後の初風呂は介護してもらいつつ入りました。 結構歩く時ふらふらしてしまって、支えてもらいつつだけど。

ただ気分は本当に良かったです。

術後11〜12目

さて。抜糸してしまったらもう後は痛み止め飲んでー寝てーってするだけで病院にいても一緒なんで退院させてもらうことにしました! 主治医の若い方の先生が格好良くてもっと顔みてたかったしお話してたかったけど仕方がない!w 彼女いたのかしら;ω;`?

ということで退院です。

入院した病院の看護師さんは厳しい人が多くて、結構早々に動きなさい!って言われてました。 動かないでいればいるほど長引くので。 こんなに痛いのになにを馬鹿なことを!!とか思ってたけど、父の椎間板ヘルニアの手術の時の先生も動きなさい!!っていう先生で、やっぱり回復は早かったですw

退院後の経過はまたあらためて・・・。 若干の不安は残るものの、とりあえず痙攣は2度目の手術で収まる結果となりました。