OS自作入門 Chapter-00

30日でできる!OS自作入門 という本を購入しました。 サーバーを構築したいと思うようになって、ターミナルをいろいろ使うようになって、これを作ってみたいと思うようになって。 で、OSを作りたいってとこまで行き着きましたwwwww が!! OSを自作することはできるってことは知ってるものの、どうもそれに関する情報がない・・・! いろいろ探したけどない・・・! で、見つけたのがこの本でしたw そのほか、いくつか本があったのですが、とりあえずとっつきやすそう!ってので。 で、レビューとともに苦労したところ、物足りないところを自分なりにブログに書いていこうかなーって思います。 つまり ■本の中身をそのまま紹介するわけではない(どんな内容ーっていうのは紹介しますが、ソースは文をそのまま使いません ■本を読んで思ったことを書いていきます ■自分なりのOSにしたいためのアイデアとかメモとか書いていきます です。中身をそのまま書くのは著作権がどうとかですから! いろいろ教えてもらえるという期待を込めて、このページの紹介を見て興味を持って買おうかなーなんて人が現れることで少しでも著者様に恩返しが・・どうとか・・・こうとか・・・・ まぁ。 そんな立派な理由はないけれど。 どうせほっぽってたブログなんで、いろいろ書きたいなーって思います。 ** さてレビューはここから ** 30日でできる!とはかかれてるものの、30日で必ずできる!ってわけではなさそうです。 よくあるよね、10日でできる!って書いてて1日飛ばしたらやる気がなくなっちゃう参考書とかww 私はまさにそのタイプ。 この本に書かれている30日でできる!ってのは、30日で区切ってはいるけれど、スケジュールではないってこと。 著者様がだいたい30日ぐらいに区切ってみただけで、1日分に1週間かけてもいいし、読み飛ばしつつ2日ぶんいってもいいし、と書かれていました。 いやー・・・この言葉に救われるw 他にもやることがあって、やはりこれは趣味にはいる部類なので、結局30日以上かかるかと思われます。 まったりまったりやっていこう・・・!!うん。 そして、もうひとつの特徴が、C言語をそんなに知らなくても、てかプログラミングとかはちょっとしたことあるーって人でもいけるよっていう、やさしそうな甘い言葉ww 本当なのか確かめたいものです。 利用する言語はC言語とアセン。 C言語もアセンも微妙にやったことはあるものの、アセンはしっかりしたわけではないのでちょっとうきうきw あと。 付属のソースは改変してつかっちゃってもいいよ!ってこと。 っていうと、ちょっと違うかなぁ・・・? ソースの一部をそのまま使ったり、付属のソースの続きを自分で作って自分のOSだ!って言ってもいいよみたいなことがかかれてました。 ただし、自分のOSだってわかる名前をちゃんとつけてあげてね☆ みたいな。 いろいろ盗んで自分なりのOSつくっていけたらなーっていうワクワク感がたっぷりw さて、1日目に進んでいくとしようか。