AWS+網元で高速WordPressブログを簡単に始める・ω・

網元を使ってAWSでブログを初めて見たので手順を紹介します・ω・ AWSには無料枠があり、網元AMIを使えば簡単にWordPressを始める事ができちゃいます!

AWSへ登録をする

まずは登録から。 クラウドサービス 無料利用枠のご案内 | アマゾン ウェブ サービス(AWS 日本語) 無料利用枠の案内もあるのでそちらを確認してから・・・今すぐサインアップというボタンから登録できます。 AWSの右上にあるサインアップからも登録できます。 もちろんAmazon Web Services Sign In-3 メールアドレスを入力し、I am new user.で新規登録になります。 アマゾン ウェブ サービス *印は必須項目となっているのですべて埋めます。 利用規約はきっちりと読んでから続行ボタンを押します。 (利用規約を開かないとエラーになると思います。たぶんw) アマゾン ウェブ サービス-1 支払い用のクレジットカードの登録をします。 アマゾン ウェブ サービス (2) そして電話での本人確認。 表示されている順番に進んでいくと電話がかかってくるので、画面に表示されている4桁の番号を入力します。 アマゾン ウェブ サービス-2 この画面が出れば確認完了!

アマゾン ウェブ サービス (3)-1 AWS Support Planは無料範囲内で利用したいのでBasic(Free)を選んでおきます。 アマゾン ウェブ サービス-3-1 ここまでくると登録完了です。 画像のActive MFAを押してコンソールへ移動します。

キーペアの作成とセキュリティグループの作成

コンソールへ移動すると、Serviceから今回利用するEC2を選択します。 IAM Management Console-1-1 EC2 Management Console-1 そしてリージョンをTokyoにします。 EC2 Management Console-2 左側にあるNETWORK & SECURITYからKeyPairsを選択。 Create Key Pair からキーペアの作成をします。 EC2 Management Console-3 Key Pairの名前を入力してYESを押すと自動でSSHキーがダウンロードされてきます。 EC2 Management Console-4 次はセキュリティーグループの作成。 左側にあるNETWORK & SECURITYからSecurity Groupsを選択。 Create Security Groupからセキュリティーグループを作成します。 EC2 Management Console-5 グループ名と詳細を入力。 EC2 Management Console-6 作成したセキュリティーグループを選択してInboundからSSHとHTTPをとりあえず追加しておきます。 Apply Rule Changesを押して保存します。 EC2 Management Console-7

網元を使う!

網元へ移動して、超高速AMI網元を今すぐ試す!ボタンを押します。 AWS + Nginx + WordPress | 超高速 WordPress AMI 網元 設定画面が出てくるのでいくつか設定項目を確認します。 AWS Marketplace  AMIMOTO by DigitalCube Co. Ltd. (1) ・RegionがTokyoになっていることを確認 ・EC2 Instans TypeをStandard Micro (t1.micro)に変更。無料枠があるのはこれです! ・Security Groupで先ほど作成したセキュリティーグループを選択 ・KeyPairで先ほど作成したキーペアを選択。

上記を確認の上、右のAccept Terms & Launch with 1-Clickを押します。 AWS Marketplace_ Your Software Software and AWS hourly usage fees apply when the instance is running. These fees will appear on your monthly bill. と、表示されれば準備OKです! Instance ID Visit the AWS Management Console to see the instance ID と表示されてる部分からコンソールへ移動できるので移動しましょう・ω・ InstancesでInstance Stateが緑色になっれいればおっけーです。 EC2 Management Console-8 Instanceに表示されているPublic DNSのアドレスにアクセスすると接続することができます。

IPを割り当てる

EC2 Management Console-9 NETWORK & SECURITYのElastic IPsからAllocate New Adressをクリック。 EC2 Management Console-10 EC2 Management Console-11 作成したIPをチェックして、右上にあるAssociate Adressを選択します。 EC2 Management Console-13 先ほど作成したインスタンスを選択してAssociateを押すとひも付けされます。

ここでひも付けを行わずに放置しちゃうと、有料になるので注意です>△<

あとは取得したIPアドレスドメインを設定してインストールすればすぐにWordPressを使う事ができちゃいます!