Wikipediaの病気についてのページが90%間違い!?

今日ちょっと気になる記事を見つけたので少し取り上げてみたいと思います。 ※私は医者ではないので正しいかどうかの判断は出来ません。

Wikipediaの病気についてのページは、90%が間違い:米医師調べ -WIRED JAPAN- こちらの記事によると、Wikipediaの病気についての内容を確認したところ、90%が間違いだったという結果がでたそうです。

研究者のチームが、アメリカで最も広まっていて最も費用のかかる10の病気についてのWikipediaウィキペディア)の記事を評価した。同時に、フリー百科事典で知識を得る同僚たちに警告を発している。

今回、私は片側顔面痙攣を発症したことをきっかけに、病気についてあれこれ調べることになりました。 はじめは目の周辺の病気なので眼科に行ってみたという体験談も耳にしました。 特に脳外科で、同様の手術をする三叉神経通についてもよく話を聞く機会があったのですが、こちらも歯が原因と考えて、歯医者へ行ったりする人も多いようです。 そうした中で、専門外の知識も深く持っているという医師はどこにでもいるわけではなく、原因がわからないままに何年も経ってしまったというケースもあったようです。 つまり、医師の中にもネット上で情報を集め、Wikipediaなどで情報を得ている医師もいるんのではないかな?と推測します。

結果としてわかったのは、「脳しんとう」についての記述のみが、正確で満足のいくものだったということだ。一方、糖尿病、高血圧、腰痛、虚血性心疾患、肺ガン、脂質異常症鬱病慢性閉塞性肺疾患、変形性膝関節症に関する記事は、主要なマニュアルや最新の科学的発見と比較すると、重大な不一致があることが明らかになった。

医療の現場というのに詳しいわけではありませんが、これを読む限り、医療は日々進化し、新しい発見がなされているにもかかわらず、ネット上の情報は古いものも多くあるようです。 その中の1つがWikipediaということでしょうか。

私も片側顔面痙攣を発症した時は、ネットで多くの情報を集めました。 そして1回目の診断の時にも、2回目の診断の時にもネットで検索すれば出てくると思いますが・・・と、医師に言われたことを覚えています。

それほど今の社会にネットが浸透しているんだなと実感しました。

Wikipediaの片側顔面痙攣の項目についてはさらっと見てみましたが、嘘だ!と私が判断するようなことは記載されていませんが、詳しく記載されているわけでもなさそうです。 この少ない情報で、私はもしかしてこの病気かも!?と自身で勝手に判断することが一番危ないことなのではないのかなぁ・・・と、改めて感じました。

ただの感想になってしまいましたが、私もすっかり信用しきって、何を調べるにも言葉の意味はまずWikipediaという状態になっていますが、ネット上の情報は絶対にそれだと鵜呑みにせずに、参考にする程度にとどめた上で判断をしていかないと行けないんだと思います。

上記の記事の内容についても同じことが言えるかもしれません。