Xcode4とXcode3を併用する

Xcode4をそのままインストールしてしまうと、上書きされてXcode3が使えなくなってしまう。 ので、Xcode4とXcode3を併用する方法のメモ。

デフォルトのインストールディレクトリは

/Developer

にインストールされるようになってる。 から、ここにXcode4をインストール、新たに作った別のフォルダにXcode3をインストールする形にしてみた。

ってかこの形でやってる人が多かったからであってw

ちなみに/Developerディレクトリをまるごとデスクトップとかに移動しちゃっても普通に起動できちゃったりする。 どのバージョンでもエラーでどうもうまく行かなくて、古いHDDからまるごとコピーとかいろいろ試してみたからΣw

Xcodeのアンインストール

どこでも書いてある方法が現在入っているXcodeのアンインストール。 実はコレをしなくっても普通にアップデートがかかってXcode4を入れれちゃったりするんだけど、このあたりどうなの?アンインストールしておいた方がいいのかな? 古いSDKとかが消えちゃうから個人的には嫌だなーって思ってたんだけど、 入れてみたら普通に上書きですたorz 正直アンインストールしなくても全然問題なかったです。

念のため(というか必要になることもあるだろうし)アンインストール方法

$ sudo /Developer/Library/uninstall-devtools --mode=all

オプションは

–mode=all ⇒完全削除 –mode=systemsupport ⇒開発コンテンツのみ削除 –mode=unixdev ⇒UNIX 向けの開発サポートのみ削除 –mode=xcodedir ⇒ゴミ箱に捨てるのと同じレベル

こうなってる。

Xcodeのダウンロード

AppStoreでも売られてるみたいなんだけど、何が違うのかな?一緒なのかな?私は普通にDeveloperCenterからダウンロード。 現時点でXcode3とXcode4がダウンロードできる。

先日発表されたXcode4iOS5SDKbetaも同じ要領で上書きせずにダウンロードできちゃう。

Xcode3のインストール

最新版(Xcode4)を/Developerに、古いのを別のディレクトリに入れようと思うので、ディレクトリの作成。 ターミナルからディレクトリを作成。 super user権限でないとアクセスできない場所なのでsudoで実行。

 

$ sudo mkdir /Xcode3
Password:
$

ここにインストールする。 そのままインストーラーを起動して、作成したディレクトリにインストール。 これでXcode3は/Developerディレクトリと切り離されたところにインストールされる。

Xcode4をインストール

これはもうそのままでおっけいです。 さっきのインストールディレクトリの部分を/Developer(デフォルト)のままにしておけばそのままインストールされる。

仕様ががっつり変わったからね。両方あると断然便利。 あとbeta版とか、試しに入れてみようかって時にも、使える>ω<b